研修会

2019.7.26

『2019年度自殺予防ソーシャルワーク研修』のご案内

日本社会福祉士会は、2010年6月9日、全国大会(秋田大会)において、「自殺者を出さない社会の実現を目指し、専門職および専門職団体として、地域住民や専門機関・団体と連携し、自殺予防の対策に取り組むこと」を宣言し、その後、自殺総合対策大綱への提言等を行うとともに、2016年度・2017年度において、厚生労働省「自殺防止対策事業」の採択を受け、自殺に至る複雑にからみあった経過・要因について、ソーシャルワークの視点から自殺リスクをアセスメントし、関係機関へ適切につなぐための「支援ツールの開発」「研修プログラムの開発」「都道府県社会福祉士会における自殺予防に関する中核人材の養成」等を行ってきました。

本研修プログラムは、ソーシャルワークの実践現場に従事する社会福祉士が、日常業務の中で、自殺に関する相談に対し、適切に支援を行うための「基礎的な知識・スキル」を確認することを主目的としています。また、自殺予防に携わる行政職員、病院その他相談機関等で相談援助の職にある方々にも広くご参加いただき、自殺予防に対する連携強化の一助となればと存じます。

尚、本研修は認定社会福祉士制度の研修として認証されています(分野専門科目<地域社会・多文化分野>)。

 

◎日 程 :2019年9月11日(水)~9月12日(木)

◎会 場:きらめきプラザ/岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館

(〒700-0813 岡山市北区南方2-13-1)

◎定 員:50名

(但し、申込期限の時点で定員を超えている場合は、社会福祉士会会員を優先させていただきます)

◎受講要件:以下の①②を満たす社会福祉士、及び自殺予防に関心のある医療保健福祉従事者等。

①カリキュラムの全課程を出席できること。②事後課題を提出できること。

◎参加費
会 員 :10,000円  ※他都道府県社会福祉士会会員の場合も会員価格となります。
非会員 :15,000円  ※入会手続き中の場合は会員扱いとなります。

◎申込方法:参加申込みは受講申込書に必要事項をご記入の上、郵送・FAX・メールでの申し込みとなります。参加費は、後日送付する「受講料の入金について」に指定された方法で入金していただきます。

◎申込期限:2019年8月9日(金)必着

◎受講決定:受講可否の連絡は、入金確認後メールにて行います。申込書に記載するメールアドレスは、本会からのメール(添付ファイルを含む)を受け取ることができるものにしてください。

◎研修単位:本研修プログラムは、認定社会福祉士認証・認定機構により認証された研修です。科目区分は、分野専門科目(地域社会・多文化分野)になります。日本社会福祉士会生涯研修制度の単位においては、本研修を修了することで、生涯研修制度では専門課程の1単位(認証されない場合には、生涯研修制度独自の研修・実績11時間)となり、旧生涯研修制度では共通研修課程の集合研修10単位となります。本研修を修了するためには、全ての研修プログラムを修了し、事後課題を提出の上、研修主催者による課題審査に合格することが必要です。

30分以上の遅刻・早退・途中退室があった場合には、研修は未修了の扱いとなりますので、ご注意ください。

◎そ の 他:研修会当日に参加者名簿(氏名、都道府県士会社会福祉士会名、勤務先を掲載)を作成・配布します。

災害等により研修が開催できない場合は、岡山県社会福祉士会生涯研修センターホームページに掲載します。

「きらめきプラザ」の駐車場は一般来館者用のため、きらめきプラザの駐車場はご利用出来ませんので、ご了承ください。公共交通機関でお越しいただくか、お車でお越しの場合は、周辺の有料駐車場(各自負担)をご利用ください。

 

2019年度自殺予防ソーシャルワーク研修開催要項(受講申込書)

  • 〒700-0807
  • 岡山県岡山市北区南方2丁目
    13-1
  • 岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館(きらめきプラザ)7階
  • tel
    086-201-5253
    fax
    086-201-5340
  • (受付 8:30~17:00)