法人概要

代表あいさつ

みんなのねがい”に応える一歩を!

 この度、会長に就任しました今岡清廣です。世代交代が叫ばれる中、逆の流れとなりました。
完全アナログ人間のわたしですが、脇を固めてくれる副会長4人は、若く有能で、ITにも強く、期待値は極めて高いものがあります。“ソーシャルワークで岡山をしあわせに”をテーマにその務めを果たす決意です。

 わたしは、5人兄弟の末っ子として真備町に朝鮮戦争の年に生まれました。戦前と変わらぬ貧しい農村の風景と高度経済成長で急激に変化する社会と歪み(公害、地域社会の崩壊、格差社会など)を実体験として持つ最後の世代だと思います。18歳のとき、「可哀想な子のために」という素朴な思いもあり、大学進学と同時に福祉労働者となりました。職場は重症児施設でした。初出勤の朝、することがわからず突っ立っているわたしに看護婦から「では、おしめ交換をして」と布おしめの束を渡されました。生まれて初めて手にするおしめでした。今でも鮮明に憶えています。3K職場の現実は厳しく同期のゲンキハツラツガールの約半分は年度途中でリタイヤ。秋から次年度の春までは地獄の日々。人員不足が悪化するに並行して、毎朝職場のドアを開ける時、子ども達の視線にあった職員への期待の眼差しは消えていきました。このような状況を繰り返す中、重症児施設の腰痛問題が全国的に起きました。若い保母たちがバタバタと倒れ、施設は機能不全に陥りました。全国の親の会、施設関係団体が立ち上がり、マスコミも大きく取り上げる中、わたし達も労働組合に加盟し運動に加わりました。国会で大臣が、重症児施設の入所児童と現場職員の比率を「1対1とする」と答弁。この時以来、「障害児の幸せを願うことと労働条件改善要求は車の両輪」がわたしの信条です。

 今、岡山県社会福祉士会は、会員約700名でわずかでも着実に右肩上がりです。この間、障害者権利擁護センター、生涯研修センター、司法福祉の岡山モデルの実践、後見制度に関するぱあとなあ岡山の活動、スクールソーシャルワーカーなどの会員の自主的な活動も含めて会の事業展開により、行政、他士業、福祉職場、県民の理解はすすみ、「社会福祉の専門家」への期待は大きくなっています。

 全ての会員が「行ってみよう、参加しよう」と思う魅力ある活動、メニューの提示の改善を、会員参加を進めながらやって行きましょう。個として、仲間をさそって、委員会(タテ)地区会(ヨコ)に顔を見せて下さい。そして、みんなでやればなんとかなる“社会福祉の専門家”としての県民への貢献の輪を、一回りも二回りも大きくして参りましょう。
公益社団法人 岡山県社会福祉士会
会長 今岡 清廣

岡山県社会福祉士会について

名 称

公益社団法人 岡山県社会福祉士会

目 的

岡山県社会福祉士会は、社会福祉に関する実践・研究・交流を通して、社会福祉士としての専門的知識や技術等の向上を図り、社会福祉の発展に寄与することを目的としております。

事業内容

1.社会福祉士の倫理及び資質の向上に関する事業
2.社会福祉士の職務に関する知識及び技術の向上に関する事業
3.社会福祉士の資格制度の充実発展並びに普及啓発に関する事業
4.社会福祉及び社会福祉士に関する調査研究に関する事業
5.社会福祉の援助を必要とする岡山県民の生活と権利の擁護に関する事業
6.国内外の社会福祉の発展に寄与するための普及啓発活動及び社会福祉その他の専門職団体等との連携に関する事業
7.社会福祉施設並びに福祉サービスの機能及び質の向上並びにその評価に関する事業
8.その他、当法人の目的を達成するために必要な事業

事務所所在地

〒700-0807 岡山県岡山市北区南方2丁目13-1
岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館(きらめきプラザ)7階

発足年月日

平成5年8月23日

会員数(令和3年7月1日現在)

正会員…700人
準会員…5人
賛助会員  個人…1人 団体…2団体

役 員

会 長
今岡 清廣
副会長
尾﨑 力弥 加藤 貴之 寺坂 弘昭 宮内 祥
理 事
岡崎 利治 猪田 有弥 川上 富雄 坂本 圭 白石 統久 中井 俊雄 中原 崇 難場 誠二 本田 勝久 山﨑 弘一
監 事
岡本 敏江 中田 雅章
顧 問
中村 真教

組織図

地区会

岡山地区………岡山市社会福祉士会
倉敷市区………倉敷市社会福祉士会
玉野地区………たまのソーシャルワーカーネット
総社地区………総社市社会福祉士会
高梁地区………たかはし社会福祉士会 (たかはしソーシャルワーカーねっと)
浅口地区………あさくち社会福祉士会
津山・美作・久米・勝田・英田地区………美作ブロック連絡会

加入団体

日本社会福祉士会

公開情報

マスコットキャラクター

○名前
ももちゃん
○好きな食べ物
岡山県名産の白桃が大好き
○プロフィール
四葉のクローバーがラッキーアイテム。 困った人がいたら、どこでも跳んでいき、優しさと思いやりをモットーに手を差し伸べる。
2012年に開催された「第20回記念大会 日本社会福祉士会全国大会・ 社会福祉士学会(岡山大会)」の広報担当者(マスコット)として2011年に誕生。その後も岡山県社会福祉士会の事務局で岡山県社会福祉士会の広報を務める。

沿 革

平成5年8月23日
有志23名により「任意団体岡山県社会福祉士会」発足
平成15年9月26日
会報誌「岡山県社会福祉士会だより」第1号発刊
平成21年3月8日
任意団体解散
平成21年4月1日
「 一般社団法人岡山県社会福祉士会」発足
社団法人日本社会福祉士会 岡山支部となる
岡山県岡山市北区野田屋町2-6-22福中ビルに事務所開設
平成24年6月2日・3日
第20回記念大会日本社会福祉士会全国大会・社会福祉学会(岡山大会)を開催
平成25年1月31日
岡山県岡山市北区石関町2-1岡山県総合福祉会館6階に事務所移転
平成25年4月1日
岡山県障害者権利擁護センター業務を岡山県から受託(現在まで継続)
平成28年7月12日
岡山県岡山市北区南方2-13-1きらめきプラザ7階へ事務所移転
平成31年4月1日
岡山県知事伊原木隆太より公益社団法人として認定される
「公益社団法人岡山県社会福祉士会」となる

リンク集

PAGE TOP